2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年 F1世界選手権エントリー
ほとんどのチームがドライバーラインアップを変更するという珍しいシーズン。
それだけに予想が難しく盛り上がりそうだ。

『2010年FIA F1世界選手権エントリーリスト』

【チーム名/コンストラクター(チーム国籍)】
カーナンバー/ドライバー(国籍)

【ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス/マクラーレン・メルセデス(イギリス)】
1. ジェンソン・バトン(イギリス)
2. ルイス・ハミルトン(イギリス)

【メルセデスGPペトロナス・フォーミュラ・ワン・チーム/メルセデス・ベンツGPリミテッド(ドイツ)】
3. ミハエル・シューマッハ(ドイツ)
4. ニコ・ロズベルグ(ドイツ)

【レッドブル・レーシング/レッドブル・レーシング・ルノー(オーストリア)】
5. セバスチャン・ベッテル(ドイツ)
6. マーク・ウェバー(オーストラリア)

【スクーデリア・フェラーリ・マールボロ/フェラーリ(イタリア)】
7. フェリペ・マッサ(ブラジル)
8. フェルナンド・アロンソ(スペイン)

【AT&Tウィリアムズ/ウィリアムズ・コスワース(イギリス)】
9. ルーベンス・バリチェロ(ブラジル)
10. ニコ・ヒュルケンベルグ(ドイツ)

【ルノーF1チーム/ルノー(フランス)】
11. ロバート・クビサ(ポーランド)
12. ヴィタリー・ペトロフ(ロシア)

【フォース・インディアF1チーム/フォース・インディア・メルセデス(インド)】
14. エイドリアン・スーティル(ドイツ)
15. ビタントニオ・リウッツィ(イタリア)

【スクーデリア・トロ・ロッソ/STRフェラーリ(イタリア)】
16. セバスチャン・ブエミ(スイス)
17. ハイメ・アルグエルスアリ(スペイン)

【ロータス・レーシング/ロータス・コスワース(マレーシア)】
18. ヤルノ・トゥルーリ(イタリア)
19. ヘイキ・コバライネン(フィンランド)

【HRT F1チーム/HRTコスワース(スペイン)】
20. カルン・チャンドック(インド)
21. ブルーノ・セナ(ブラジル)

【BMWザウバーF1チーム/BMWザウバー・フェラーリ(スイス)】
22. ペドロ・デ・ラ・ロサ(スペイン)
23. 小林可夢偉(日本)

【ヴァージン・レーシング/ヴァージン・コスワース(イギリス)】
24. ティモ・グロック(ドイツ)
25. ルーカス・ディ・グラッシ(ブラジル)

HondaとトヨタがF1撤退で日本の自動車メーカーが所有するワークスチームがモータースポーツの最高峰から消え去った。

しかし、この苦しい状況にあって唯一の日本人ドライバー小林可夢偉がエントリーされた。
2009年終盤の2レースに出走し、そのアグレッシブながら賢い走りで世界中の注目を集めた。
近代F1において、日本人ドライバーが日本の大口スポンサーやメーカーの支援を受けずにF1シートを獲得する例はごくわずか。世界に認められた可夢偉に期待したい。

昨年ウィリアムズに所属中嶋一貴は、チーム残留を果たせなかった。昨年までF1に参戦していたトヨタが開発したシャシーとエンジンを購入したステファンGPのレースドライバーに就任することが確実と言われていたものの、チームの2010年エントリーは認められなかった。
スポンサーサイト

テーマ : F1グランプリ
ジャンル : スポーツ

Secret
(非公開コメント受付中)

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
FC2拍手ランキング
検索フォーム
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロカン
サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。